いとうのラグビー観戦記

代表戦、トップリーグ、大学ラグビー、高校ラグビー、セブンズの観戦記です。

ラグビー観戦:早稲田大学 vs 明治大学(2014年 関東大学対抗戦)の観戦記

両チームの他の試合を見る限り、順当に明治大学が勝つのかなと思っていたら、10番に横山、12番に小倉、15番に藤田を起用した采配がハマって、早稲田大学の圧勝となった。37対24なので、圧勝という表現はおかしいかもしれないが、あの試合に関して言えば、それだけの差があったように思う。

キックカウンターやクイックスローインからの展開に、明治のDFラインが対応できなかったのが敗因。もうちょっというと、対応できないのであれば、キックを多用せずFWを使っての近場勝負であれば、違った試合になっていたとも思う。

藤田がいれば自分で突破できるし、他の選手が抜けやすくもなるので、相手チームにとっては藤田の存在は大きかっただろう。明治のFWはほとんど触れられなかったんじゃないのか。小倉の12番も相当良かった。CTBの方がやりやすいのかも。

明治のSH加納はこの試合に限らずいい戻りをする。あと尾又がいいね。FWは、多分早稲田の展開ラグビーに付き合わせられて、力を発揮できなかった気がする。そうさせた早稲田が上手いんだけど。この試合ではあまり目につかなかったけど、桶谷と松橋も気になる選手。

この試合の結果、明治が対抗戦3位でプールCに。早稲田が対抗戦2位でプールDに。プールCは大混戦だ。