いとうのラグビー観戦記

代表戦、トップリーグ、大学ラグビー、高校ラグビー、セブンズの観戦記です。

身体を張らないものの不甲斐無さよ - ラグビー日本代表 スコットランド戦 2016年6月18日

随分前からのことだが、ラグビー協会に大分腹が立っている。エディー時代も大概だが、今回もスコットランドがわざわざ来日してほぼベストメンバーなのにも関わらず、こちらは監督不在だときている。失礼だと思わないのか。選手だけだ、身体を張っているのは。田村選手が言う。「協会にちゃんとして欲しいと、思うのは思うんですよ。でも、それが自分たちのパフォーマンス低下の理由にはならない。僕らはラグビーでしか評価されない」と。

 

13対26。リーチもブロードハーストも田中も山田もいない中で善戦だとは思う。茂野が通じたのは光明だし、金ももう一度見たいと思った。立川にいたっては昨年のW杯から覚醒が止まらない。FWは稲垣、BKは立川が日本の生命線だと思っている。SRのおかげで地力がついてきた、日本ラグビーの底上げができてきた気もしている。

 

ただ、このままだとティア1に勝つのは相当に難しいとも感じた。南アフリカ戦同様、周到な準備と運と相手のコンディションが必要だ。サンウルブズもだが、ラインアウトをどうにかしないと勝負にならないし、ベストメンバーじゃないと、戦力があからさまに落ちるのもネックである。ペネトレーターももう少し欲しい。それとメンタル。

 

「勝てる試合を落としてしまった」

 

10年20年色々なカテゴリーの試合やインタビューを見ているが、選手や監督がそう言っているチームが浮上したことは私の記憶だと一度もない。そのセリフは突き詰めると相手へのリスペクトが足りていないのだ。そして、それを咎めるもののいないチームとしての貧弱さもある。ちなみにエディー時代にはなかった発言だと思う。まぁこのあたりは監督不在の影響もあるだろう。

 

それにつけても選手以外はどうにかしてほしい。

 

私はこのチームが好きだし今後も変わらず応援していく。

選手は文字通り必死に戦っている。だからどうぞ、協会も必死でいてほしい。