いとうのラグビー観戦記

代表戦、トップリーグ、大学ラグビー、高校ラグビー、セブンズの観戦記です。

ラグビー観戦:大阪体育大学 vs 立命館大学(関西大学Aリーグ 第1節)

関西大学Aリーグが開幕した。昨年の関西覇者である立命館大学に、FWに強みを持つ大阪体育大学が挑む。

ターンオーバーから立命館大学の西村(3番!)がいいキックをして蔵田が足で合わせてのトライや、大阪体育大学10番門田のハイパントから松坂が見事にキャッチしてのトライなど、前半は観客が湧いた場面が続く。その後、拮抗した時間帯が続くが、立命館大学が後半突き放し、安定した試合運びを見せてくれた。特にブレイクダウンが一枚上手だったように思う。 

大阪体育大学はゴール前まで何度も行くが、ノックオンなどで取りきれないシーンが度々あった。チャンスの回数は大差なかったように思う。そのあたり解説の方がうまく指摘していて「チャンスに取りきれるかどうかが結局は力量差」ということをおっしゃっていた。なるほどなぁ。 

ただ、大阪体育大学はミスも目立ったが、ミスした後の動きだったり、こぼれ球へのセービングだったり、ひたむきさがあって好感のもてるチームだった。母校の選手もいるようだし、ちょっと応援していこうと思う。